工場勤務での検査の仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
工場の検査の仕事
Pocket

工場の求人を見てたら「検査」の仕事を募集していた。
名前は聞いたことがあるけど、
どんな仕事内容かよく分からない。
具体的な仕事内容を知りたい。
自分は検査の仕事に向いているか知りたい。

このようにお考えではないですか?

検査」と聞くと何か難しそうな仕事のような気がします。
未経験者でもできるのか?
自分は検査の仕事に向いているのだろうか?
これから働こうとしてる人は悩みますよね。

ここでは、
工場で行われている検査の仕事について解説しています。

検査の仕事は、
業種や作る物によって違ってきます。

資格がないとできない検査。
未経験者でもできる検査。
色々あります。

この記事では文字だけでなく、
動画も使いながら解説してるので、
イメージしやすいと思います。

<目次>
1.検査の仕事内容
2.検査の仕事に向いている人
3.検査の仕事に向いていない人
4.まとめ

これから工場で検査の仕事をされる方、
検査の仕事をして見たいと思っている方は、
最後まで読んでいただき参考にして下さい。

1.検査の仕事内容

「検査」は製品を製造する工場では必ず行われます。
主な仕事内容は、

製品が仕様書通りにできているか?
完成した製品に傷や凹みがないか?
製品が規定寸法通りに作られているか?

業種や作る物によって詳細な内容は違ってきたり、
検査設備によって行われることもありますが、
必ず人が行います。

 

一般的な検査として、
テレビなどでよく見るのが、
ライン作業で作られた製品のチェック」です。

こちらはウォーターサーバーのアクアクララの検査です。

ライン作業で完成した製品を、
外観に傷がないか?
凹みはないか?
などを目視で検査しています。

こうした検査は、
あらかじめチェック項目が決められている為、
未経験者の方でも研修を受ける事でできる内容になっています。

 

一方で、
決められた資格がないとできない検査があります。

自動車の完成品検査です。

ニュースでも話題になりましたね。
検査での見落としが重大な事故につながる可能性のある製品については、
資格がある人が検査を行います

 

ライン作業以外の検査もあります。

ライン上では出来ない、
測定器を使った検査です。
特に資格は必要ありませんが、
経験や設備の操作、
検査結果に対しての判断と考察が必要になります。

会社によっては未経験者の方でもできるところがあるかもしれません。

このように、
「検査」といってもいろいろな検査があります。

出荷前の最終工程になるので、
不具合の流出を防ぐ正確な判断が求められます

2.検査の仕事に向いている人

検査の仕事は、正確な判断と集中力が求められます。
その為、検査の仕事に向いている人というのは、

集中力と冷静に判断できる能力がある人
几帳面な人
根気よくできる人

このような人が向いています。

私も自動車部品の検査の仕事をしていましたが、
集中力必要です。

集中力を使うので、
仕事終わりにどっと疲れますが、
その分達成感があります。

3.検査の仕事に向いていない人

今度は検査の仕事に向いていない人の特徴です。

落ち着きのない人
おしゃべり好きな人
大雑把な人

この項目に該当する人は、
検査以外の仕事をしたほうが良いです。

ミスを多発し怒られます。

4.まとめ

いかがでしたか?

検査の仕事は、
未経験者でもできる仕事もあれば、
資格がないとできない仕事もあります。

未経験からスタートし、
経験を積んで資格を取ることも可能です。

特に集中力に自信がある方は、
検査の仕事に向いていると思います。
人と接することなく淡々と仕事が続けられる方は、
応募してみてはいかがでしょうか?

工場勤務経験者が教える工場の仕事に特化した求人サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*