工場勤務の女性の服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
工場勤務の女性の制服
Pocket

これから工場勤務をしようとしている方にとって、
工場での服装は気になると思います。

面接はどんな服装で行ったら良いのだろう?
通勤中はスーツじゃないといけないのかな?
仕事中の服装って制服なの?

このように思っている方は多いと思います。
ここでは、工場勤務での身だしなみや服装について説明します。

女性にとって服装は大事です。
常にキレイでいたい。可愛く見せたい。
通勤中でもオシャレしたい。

そう思っている方にとってこの記事がお役に立てば幸いです。

 

工場で働く時の服装は?

工場で働く時ほとんどの場合、
制服が支給されます。
なので、支給された制服を着て作業を行います。

「えーオシャレできないじゃん!」

確かに自分の好きな服装で働く事はできません。
ですが、工場で働く時に制服を着るのには理由があります。
これは安全に関わってくる事なので、理由を聞くと納得してもらえると思います。

工場で制服を着て仕事をする理由は、
機械に巻き込まれて怪我をしないため
製品に傷が付かないため
静電気による火災が発生しないため
汚れないため
こういった理由があります。

それぞれの詳細について説明します。

 

機械に巻き込まれて怪我をしないため

例えば、
スカートを履いて作業をしていたら機械に引っ掛けたりする確率が高くなりますよね。
ちょっとゆったり目の服を着ていたら袖が機械に挟まれたりする確率が高くなりますよね。

こういった事がないように工場で支給される制服というのは考えられています。
自分の体にフィットしていて動きやすい。
作業中に引っかかったりしないように生地も丈夫なものが使われています

 

製品に傷が付かないため

洋服に金属のボタンがついていたら製品に傷がつく確率が高くなります。
こういった事がないように工場での制服は、
ボタンが隠れていたり、チャックが中に隠れています。
傷が付く可能性のあるものは表に出ないようになっています

 

静電気による火災が発生しないため

冬場の乾燥した時期にドアノブを触った時に静電気が発生した経験があると思います。
これを工場内でやるとガソリンなどの危険物に着火し火災が発生する可能性があります。

なので、工場の制服は帯電しない繊維で作られています

 

汚れないため

これは自分の洋服が汚れないためです。

工場の中は油や塗料といった汚れたら自分の洋服生命が終わってしまうようなものが
そこら中にあります。

せっかく気に入って買った洋服をダメにしないためにも工場で仕事をする時は作業服を着用します。

 

まとめ

工場では身の安全を守るため、
自分の服をダメにしないために支給された制服で作業します。

工場によって異なりますが、大体夏服2着、冬服2着が最初に支給されます。

もし、サイズが小さくなったり穴が空いてしまった場合は、
申請すれば新たに支給されます。
(会社によっては購入のところもあります)

仕事をする時は制服ですが、
通勤中は自由です。
ほとんどの会社でロッカーが設置されています。
そこで制服に着替えて自分の配属部署に行きます。

なので、
通勤中の服装は思いっきりオシャレしても良いけど、
仕事中は支給された制服で仕事をしてくださいね。

【関連記事:こちらも合わせて読んでみてくださいね】

工場勤務の女性の化粧はどこまでOKなの?
女性特集がある工場勤務の求人サイト
正社員として工場勤務をしてみたい女性必見!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*