大卒の工場勤務の年収。職種を選べば高いという事が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
通帳を見て驚く人
Pocket

派遣から手っ取り早く正社員になれそうな工場への転職を考えている。
だけど、工場は給料が安いというイメージがある。
大卒で工場勤務は勿体無いと思っている。

このようにお考えではないですか?

本当は自分の好きな職業、年収の高い職業に就きたいけど現実は厳しい。
だから手っ取り早く働けそうな工場勤務を検討したいが、
ブルーカラーだし、なんとなく稼げそうにないし。

そう思って工場勤務を敬遠しがちですが、
平均年収を調べてみると、年収は悪くありません
むしろ良い方だと思います。
工場勤務も職種によっては稼げる職種もあります。

ここでは、
大卒で工場勤務した時の年収について詳しく説明しています。

<目次>
1.工場勤務(製造業)の平均年収
2.工場勤務の職種
3.まとめ

この記事を読めば、
大卒で工場勤務をした時の平均年収と、 年収の高い職種が分かります。
転職、就職活動の目安にして下さい。

この記事が、 転職や就職を考えている方のお役に立てば幸いです。

1.工場勤務(製造業)の平均年収

厚生労働省が発表している、
平成29年度賃金構造基本統計調査によると、
25才〜29才の製造業の平均給料は、
約23万6千円
となっています。

他の産業はどうなっているかというと、
建設業:約25万5千円
運輸業:約24万2千円
卸売業:約24万4千円
宿泊業:約22万5千円
生活関連サービス業:約23万2千円

製造業は、約23万6千円なので、
他の産業と比べると安いといえます。

 

ですが、製造業も職種別に見ると、
違いが出てきます。

製造業は大きく、
生産労働者
管理、事務、技術労働者
この2つの職種に分けられます。

この2つの平均給料を見てみると、
生産労働者約22万8千円
管理、事務、技術労働者約25万4千円

このように3万円近くの差が出ます。

工場勤務でも管理、事務、技術労働者の方は、
他の産業と比べて給料(年収)が高いといえます。

2.工場勤務の職種

工場勤務の職種は大きく2つあると上記で説明しました。
ここでは、
・生産労働者
・管理、事務、技術労働者
この2つの職種の違いについて説明しようと思います。

この2つの職種に違いが分かれば給料の差も納得できると思います。

 

生産労働者の仕事とは

生産労働者の仕事とは、
いわゆる生産現場で働く事です。

生産ラインで組み立てをしたり、
完成した製品を梱包したりする仕事です。

生産現場で働く人

工場勤務の職種についてはこちらに詳しく書いています。
=>工場勤務の職種。1分でわかる一覧掲載

生産現場での仕事は、未経験でも始める事ができ、
学歴関係なく職に就けるため給料も低めになります。

ただし、資格が必要な職種は学歴関係なく給料が高くなります。

管理、事務、技術労働者

生産管理、品質管理といった管理をする仕事。
生産技術といった生産方法について考える仕事。
労務、経理などといった事務系の仕事。

工場勤務の管理職

これらの仕事は、ある程度の経験者だったり、
未経験でも大学で専攻していた人じゃないと就く事ができない職種です。

当然ですが、学歴が重視されます。
(工場によっては学歴関係なしのところもありますが、
ここでは一般的にという事で説明します)

現場で生産するより、工場で生産が効率良くできるように管理する
仕事なので、給料も必然的に高くなります。

3.まとめ

工場勤務(製造業)の給料は職種によっては他の産業より高いです。
大卒の方は高卒の方では職に就く事が難しい、
管理、事務、技術労働者
の仕事に就けば平均的な給料をもらえます。
(就職する工場によりますが。。)

現在、就活中の方、既卒で就職活動している方は
管理、事務、技術労働者の仕事を探してみてはいかがですか?

求人情報や面接対策などは、
転職エージェントがしっかりサポートしてくれます
工場勤務に特化した求人サイトがあります。
こちらで相談されると詳しい情報を聞き出せ、
対策も一緒に考えてくれます。

工場に特化した求人サイトはこちらにまとめています。
参考にしてみて下さい。
=>工場勤務経験者が教える工場の仕事に特化した求人サイト

相談やカウンセリングは無料なので、
まずは問い合わせからしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*